本当は・・・

最終更新: 2018年11月17日

「本当」を考えてみたい。

子どもたちの考える力がないのではなく本当はただ「自分」がなくなったのではないだろうか?

お金がほしいのではなく本当は安心がほしいのではないであろうか?

ゲームをしたいのではなく本当は時間を潰したいのではないであろうか?

人と同じが好きなのではなく本当は同調圧力を恐れているのではないであろうか?

勉強が嫌いなのではなく本当は勉強という行為が嫌いなのではないであろうか?

自己肯定感を持てないのではなく本当他者の目線を気にしすぎているからなのではないであろうか?

自分の本当に求めているものは何であろうか?

求めているもの+やりたいこと+行動、これが伴わない限り「本当」に近づくことはないであろう。

人生一回限り、「本当」を失いながら生きていくことほど虚しいものはない。

「本当」とはなんであろう。



最新記事

すべて表示

本当に大事なこと

人は皆成功したいと思い、いろいろな話を聞いたり、書物を読んだりする。しかし、その中から最も重要なことに気づいている人は意外と少ない。スティーブ・ジョブスというアップルの創業者がいた。多くの人がこの人物のアイデアやビジネス的思考を学ぶ。それが最も自分に必要と思って、、、。しかし、人間にとって最も重要なメッセージを発しているにもかかわらず、彼から本当に重要なことを学んでいる人は意外と少ない。このスティ

偶然

世の中の全てのことはたまたまであり偶然である。コロナ、昨日の出来事、自分の存在、バスケット、怪我など。偶然だらけなので人はそれを偶然とは思わない。今ここで投稿すると決めたことも偶然。何か災難にあったり、特別に良いことがあった時、運が悪い、良いなどと言ったりするがそれも偶然なのである。偶然以外何があるだろうか。あったら知りたい。人間は曖昧を嫌うので何らかの意味を持ちたがる。それは人間の最大の欲求安心

  • ブラックFacebookのアイコン
  • ブラックTwitterのアイコン
  • ブラックGoogle+のアイコン

Supporters

UNDER ARMOUR(アンダーアーマー)
SPALDING JAPAN OFFICIAL(スポルディングジャパン)
株式会社あおば

© 2018 Heiwa Gakuen All Rights Reserved.