最終更新: 2018年11月30日

マズローの欲求5段階説をを知らない人はマズいないであろう。下から①生理的欲求→②安全の欲求→③社会的欲求→④承認の欲求→⑤自己実現の欲求。人間の欲求はこのような形で進んでいく。ここでよく考えてみたい。幸福感を得ることを考えた場合、人は⑤から考えてしまう傾向にある。社会が発展していなかったころは①で十分に幸福感を得 られたはずなのだが現代は⑤→④→③と考えてしまう。裕福な国、うえの錯覚か。水と安全が確保されている時点で本来人間は十分幸せなのである。人の欲求段階が下から進んでいっているにもかかわらず幸福感は上から下に進んでいってしまっているという現代の矛盾。常にこのようなことを考えることで自分の心の現在地を確認できるのではないであろうか。幸福感は心の現在地で決まる。何に関しても幸福感を得られない人は逆から考えてみよう・・・。


最新記事

すべて表示

本当に大事なこと

人は皆成功したいと思い、いろいろな話を聞いたり、書物を読んだりする。しかし、その中から最も重要なことに気づいている人は意外と少ない。スティーブ・ジョブスというアップルの創業者がいた。多くの人がこの人物のアイデアやビジネス的思考を学ぶ。それが最も自分に必要と思って、、、。しかし、人間にとって最も重要なメッセージを発しているにもかかわらず、彼から本当に重要なことを学んでいる人は意外と少ない。このスティ

偶然

世の中の全てのことはたまたまであり偶然である。コロナ、昨日の出来事、自分の存在、バスケット、怪我など。偶然だらけなので人はそれを偶然とは思わない。今ここで投稿すると決めたことも偶然。何か災難にあったり、特別に良いことがあった時、運が悪い、良いなどと言ったりするがそれも偶然なのである。偶然以外何があるだろうか。あったら知りたい。人間は曖昧を嫌うので何らかの意味を持ちたがる。それは人間の最大の欲求安心

  • ブラックFacebookのアイコン
  • ブラックTwitterのアイコン
  • ブラックGoogle+のアイコン

Supporters

UNDER ARMOUR(アンダーアーマー)
SPALDING JAPAN OFFICIAL(スポルディングジャパン)
株式会社あおば

© 2018 Heiwa Gakuen All Rights Reserved.