違和感を感じた教育

 数年前、私がサラリーマンの頃の出来事。電車に乗った時、運動部らしき中学生くらいの子たちが団体で座っていた。周りはガラガラである。そして、大人たちが数人乗り込んだ。その瞬間、中学生たちは全員立ち上がった。周囲は空いているにもかかわらず・・・。これが部活動で教わっている教育かと・・・。この光景に対してものすごく違和感を感じた。一見、見た目には美しいと周囲には映ったであろう。しかし、私にはそうは映らなかった。空いていたら座っていれば良いのである。だって空いているのだから。体の不自由な方がいたら譲れば良い。何も難しいことはない。シンプルに考えれば良いのである。何事も矯正することは思考停止状態を生む。考える力を養うことが教育である。自分で考えることができないと世界から遅れていくことになる。優秀な日本人はどんどん海外に進出していっている事実。インターネトの普及で国境はなくなった。情報はいつでもどこにいても取ることができる。西洋の文化が入り込み自分たちの文化が脅かされている、などと言った時代遅れの考えはもう通用しない。世の中の発展は凄まじいい勢いで変化をしていることを認識するべきである。授業で私が話している1コマ。少しでも気づいてほしいと願うばかりである・・・悪いのは子どもたちではない。



最新記事

すべて表示

本当に大事なこと

人は皆成功したいと思い、いろいろな話を聞いたり、書物を読んだりする。しかし、その中から最も重要なことに気づいている人は意外と少ない。スティーブ・ジョブスというアップルの創業者がいた。多くの人がこの人物のアイデアやビジネス的思考を学ぶ。それが最も自分に必要と思って、、、。しかし、人間にとって最も重要なメッセージを発しているにもかかわらず、彼から本当に重要なことを学んでいる人は意外と少ない。このスティ

偶然

世の中の全てのことはたまたまであり偶然である。コロナ、昨日の出来事、自分の存在、バスケット、怪我など。偶然だらけなので人はそれを偶然とは思わない。今ここで投稿すると決めたことも偶然。何か災難にあったり、特別に良いことがあった時、運が悪い、良いなどと言ったりするがそれも偶然なのである。偶然以外何があるだろうか。あったら知りたい。人間は曖昧を嫌うので何らかの意味を持ちたがる。それは人間の最大の欲求安心