© 2018 Heiwa Gakuen All Rights Reserved.

Supporters

SPALDING JAPAN OFFICIAL(スポルディングジャパン)
UNDER ARMOUR(アンダーアーマー)
株式会社あおば
  • ブラックFacebookのアイコン
  • ブラックTwitterのアイコン
  • ブラックGoogle+のアイコン

教育

 ネガティブな発言だが今後の日本社会は非常に困難を極める。少子高齢化が進む中で生産人口も増加していくことはなく景気も良くはならない。これは紛れもない事実であろう。景気を良くするには個々人の能力値を上げ、生産性を上げることである。生産性を上げるには個のスキルアップが欠かせない。日本全体の一人あたりの稼げる数値を上げることができれば景気も上向く。そこでスキルが必要になる。スキルを身につけるには当然教育が重要になる。仕事のスキルもあれば、生きるスキルもある。社会に出ていく前の人としてのスキルもある。良い大学に入り、良い会社に入り、よい生活を・・・。経済が安定していて人口増加している時代の話であればそれは正しい考えである。リスクを取る必要性もない。しかし、現代はリスクだ。リスクの中に潜むチャンスをいかに掴むか、これが重要だ。現代は昔と違い真逆である。だから真逆に生きている人ほど成功しているようにも見える。世の中に不必要なものが増え、今後も格差社会は広がっていくという中でどのように生きていくかを考えることは教育の段階から必要になる。現状の中でどうしたら幸福感を得られるかというスキルを身につけることができれば困難な社会を上手く乗り越えていけることであろう。今の時代に合った教育というものを私達は考える必要がある。

 私は人と違う考えを持っているとよく言われる(良い悪い両方あると思うが・・・)。理由は底辺目線だからだ。どん底が私の物事の基準となっているのからである。私は教育職というチャンスをもらい社会の生の声を現場に持ち込めることは非常に嬉しく思っている。決して綺麗事ではなく社会のありのままの姿を子どもたちに伝えることを私はしていきたい。「夢」などという魔法の言葉などは使わずに・・・どん底目線で・・・。