よくある間違い

 ”成功者を真似してはいけない”

その大きな理由は”成功者は成功者を真似していない”からである。よくあるのがプロ選手が沢山練習をして一流になったという話。このような話を小中高生はそのまま受け入れてしまうので指導者はしっかりと見極めなければならない。小中高生にそれを当てはめても環境や状況が違う。プロ選手はしっかりと休養を取る「時間」がある。しかし、小中高生は学校生活等があるためそのような時間はほぼない。育ち盛りの生徒たちに最も必要なものは「睡眠」である(もちろんしっかりと練習を行っているという前提)。成長ホルモンが最も出る時期に寝ないというのは成長の妨げにつながる。睡眠時間を減らしてでも練習に取り組むことや努力することを日本人は非常に好む(私は好まないが時には必要という考え)。苦しむ=成長、という考えを持っている指導者は未だに多い。ネットの世界になりいろいろなものを調べることができるようになった今、非科学的な練習ほど意味のないものはない。情報を入手して行動する力が今は求められている。



最新記事

すべて表示

本当に大事なこと

人は皆成功したいと思い、いろいろな話を聞いたり、書物を読んだりする。しかし、その中から最も重要なことに気づいている人は意外と少ない。スティーブ・ジョブスというアップルの創業者がいた。多くの人がこの人物のアイデアやビジネス的思考を学ぶ。それが最も自分に必要と思って、、、。しかし、人間にとって最も重要なメッセージを発しているにもかかわらず、彼から本当に重要なことを学んでいる人は意外と少ない。このスティ

偶然

世の中の全てのことはたまたまであり偶然である。コロナ、昨日の出来事、自分の存在、バスケット、怪我など。偶然だらけなので人はそれを偶然とは思わない。今ここで投稿すると決めたことも偶然。何か災難にあったり、特別に良いことがあった時、運が悪い、良いなどと言ったりするがそれも偶然なのである。偶然以外何があるだろうか。あったら知りたい。人間は曖昧を嫌うので何らかの意味を持ちたがる。それは人間の最大の欲求安心