MONO

最終更新: 2018年12月17日

 これも私が授業で話したことの1シーン。子どもたちに知っておいてもらいたいから話した。世の中「もの」が多くなっていることは事実である。ものが手に入ると人は喜ぶ。しかし、実はそれが多くなればなるほど幸福度は低下していく。限界効用逓減の法則で有名な話でもある。「もの」がないと幸福を感じられない人は更にものを得ようとすることでしか幸福感を得ることはできない。よって、そこにコストをかける必要が出てくる。無限にお金がある人であれば問題はないが一般庶民であればそうは行かない。そして、いずれ尽きることになる・・・。多くの人がこの罠にはまる。モノノ見事に・・・。コストをかけずに幸福感を得られるように、マインドセットをすることができるように教育の段階から教える必要がある。お金を稼いだことのない子どもたちはわかりにくいが、事前にこのような情報を与えることで「もの」について考えてもらようにしている。困難な時代が継続するのだから・・・。


最新記事

すべて表示

本当に大事なこと

人は皆成功したいと思い、いろいろな話を聞いたり、書物を読んだりする。しかし、その中から最も重要なことに気づいている人は意外と少ない。スティーブ・ジョブスというアップルの創業者がいた。多くの人がこの人物のアイデアやビジネス的思考を学ぶ。それが最も自分に必要と思って、、、。しかし、人間にとって最も重要なメッセージを発しているにもかかわらず、彼から本当に重要なことを学んでいる人は意外と少ない。このスティ

偶然

世の中の全てのことはたまたまであり偶然である。コロナ、昨日の出来事、自分の存在、バスケット、怪我など。偶然だらけなので人はそれを偶然とは思わない。今ここで投稿すると決めたことも偶然。何か災難にあったり、特別に良いことがあった時、運が悪い、良いなどと言ったりするがそれも偶然なのである。偶然以外何があるだろうか。あったら知りたい。人間は曖昧を嫌うので何らかの意味を持ちたがる。それは人間の最大の欲求安心