今と昔

 テクノロジーの進歩によりいろいろなこと、もののスピードが早くなってきている。それはとてつもなく・・・。世の中の流れに注視していないと知らない間にゆでガエルになってしまう。昔は一つのことに沢山の時間をかけて結果を出すことにフォーカスをされてきた。しかし、現代は短期間、短時間で最大の結果を得ることがよしとされる。理由は時代の流れが早いからだ。昔ではこのような考えはタブーとされてきた。楽することが「悪」として認識されてきたからである。しかし、現代は「楽」が「美」になる時代が到来してきているのである。短時間で最大の結果を得ることが1つの能力のバロメーターだからである。「近道をしよう」となると間違いなく抵抗する人の方が多いであろう。学校、部活では世の中の流れとは真逆を教える傾向にある。我が部活動では世の中の流れを意識した活動を心がけている。規律、挨拶、集団行動・・・これらに目を向けることも重要であるが最短で結果を得ることも重要である。そのためには優先順位の付け方、シンプル化するスキル、いらないものをなくすこと、こういったことが非常に重要になる。生きるためのスキル、若者が最も身につけなければならないスキルである。


最新記事

すべて表示

本当に大事なこと

人は皆成功したいと思い、いろいろな話を聞いたり、書物を読んだりする。しかし、その中から最も重要なことに気づいている人は意外と少ない。スティーブ・ジョブスというアップルの創業者がいた。多くの人がこの人物のアイデアやビジネス的思考を学ぶ。それが最も自分に必要と思って、、、。しかし、人間にとって最も重要なメッセージを発しているにもかかわらず、彼から本当に重要なことを学んでいる人は意外と少ない。このスティ

偶然

世の中の全てのことはたまたまであり偶然である。コロナ、昨日の出来事、自分の存在、バスケット、怪我など。偶然だらけなので人はそれを偶然とは思わない。今ここで投稿すると決めたことも偶然。何か災難にあったり、特別に良いことがあった時、運が悪い、良いなどと言ったりするがそれも偶然なのである。偶然以外何があるだろうか。あったら知りたい。人間は曖昧を嫌うので何らかの意味を持ちたがる。それは人間の最大の欲求安心